必見!プラチナ買取価格の決まり方!!

純度による地金量と上位買取価格により決まります

プラチナには、プラチナ900や1000など複数の純度の貴金属製品があります。デザイン性が豊かでジュエリーの状態で再販可能であれば、買取店にとっては是非とも買取たい商品といえるでしょう。多くの場合は地金としての買取となるので、純度を考慮してプラチナ地金買取価格にグラム数を掛けた金額がプラチナ買取価格となります。 市場で取引される地金価格は前日終値から始まり、市場で販売されている終値が翌日の買取価格に影響を与えます。地金最終買取店価格を基にして自店でのプラチナ買取価格が決められるわけです。持ち込んだ地金から純プラチナ含有量を算出して、掛け算することで容易に買取価格を提示出来るので店頭作業は比較的簡単です。プラチナの買取価格交渉が出来る店舗ほど中間マージンを多く取っているので、売却先はよく考えた方が良いでしょう。

地金買取価格が一定なら店ごとの利益幅が買取価格を左右する

プラチナの地金買取価格は、前日の市場価格を基にして最終買取業者が決めます。駅前店やショッピングモール内の中古買取店では、自社で地金を溶かすわけではないので、最終買取業者へ卸売買取を行う価格との差額を利益として運営しています。概ね1割から4割中間マージンを取った価格を店頭買取価格として提示しているわけです。 駅前などの家賃が高い場所で営業しているプラチナ買取店ほど利益を確保する必要があるので、買取価格は低くなりがちです。新聞折り込みチラシやCMを行っていない買取専門店ほど最終買取業者の可能性が高いので、個人向けには宅配買取を専門にしているプラチナ買取業者価格と比べてみると違いが明らかでしょう。複数の買取価格見積を取ってからプラチナを売却すれば、高く売れるので手間を惜しまないことが大切です。