プラチナを売るためにはどこがいいのか?

目立つ場所にあるお店は避けましょう

産出量が少ないことで知られる貴金属のプラチナは、日本と韓国では世界で珍しく宝飾品の材料として利用されています。ブランド品として価値が特に高い製品ならば、ブランド買取店へ持ち込み店内でそのまま販売していることを確認すると高く売れます。 ジュエリーとしてそのまま販売出来る品物以外は、地金としてのプラチナを買い取ることになります。地金の買取では、含有量から算出したプラチナのグラムで買取価格が計算されるわけです。プラチナの買取店には2種類存在し、駅前などの目立つ場所にある古物商としての貴金属買取店は、買い取ったプラチナを地金業者に転売して差益を得ることから、買取価格が安い傾向にあります。地金として溶かして工業用に販売出来る地金業者へ売却すれば、プラチナ買取価格は中間業者がいない分だけ高くなるでしょう。

地金を最終的に買い取る店舗は高価買取

地金としてプラチナを最終的に買い取る業者は、駅前やショッピングモールなどの場所代が高額にかかる場所では営業していません。比較的大都市の郊外に拠点を構えて、直接買取業者から卸売買取を行っています。 プラチナの主な用途は工業用製品の原材料となるため、溶かして地金としての再販が出来る業者の買取価格は中間マージンが含まれていない分だけ高いです。プラチナは最低でも含有率85%以上の製品のみが流通しているので、直接買取依頼出来れば駅前の買取店へ持ち込む気になれないほど価格が変わります。何もしなくても卸売買取が出来るので積極的な個人からの買取を宣伝しておらず、インターネット経由での宅配買取を実施している程度です。プラチナの宅配買取を実施している業者から見積を取得して、納得した価格で売却すると良いでしょう。